診療案内

対象動物

犬および猫

福岡中央動物病院では、よりよい医療サービスの提供のため診療対象を犬と猫に限定しております。各種予防(狂犬病・混合ワクチン・フィラリア・ノミ・ダニ)から手術・入院も対応しております。

診療科目

内科

日々進歩して行く獣医療に対応しこれまでの経験や慣習だけに頼らない科学的根拠に基づく世界標準医療を提供することを基本としています。

皮膚科

問診を丁寧に行い、身体検査の後に、必要な検査をしていきます。皮膚科検査、アレルギー検査、皮膚生検のほか、血液検査、内分泌検査、レントゲン検査、超音波検査などを行う場合があります。

循環器内科

聴診を行い心臓の雑音や不整脈などの有無を確認します。必要に応じてX線検査、心臓の超音波検査、心電図検査(ホルター心電図を含む)、血圧測定、血液検査などを実施します。これらの検査を組み合わせて行うことで心臓病を診断して病態に合った治療を行う事ができます。

腫瘍内科・外科

当院では様々な腫瘍に対して外科療法を実施しています。肝臓腫瘍、副腎腫瘍、膵臓腫瘍消化管腫瘍、肺腫瘍、甲状腺腫瘍、乳腺腫瘍、広範囲に浸潤した(植皮を必要とする)皮膚・皮下腫瘍の摘出等に対応致します。 内科療法では患者様の状態や腫瘍の種類、ご家族のご希望によって多剤併用化学療法、分子標的薬、メトロノーム化学療法、免疫療法などを行います。

軟部外科

門脈体循環シャント、胆嚢摘出、胃捻転、腸閉塞(異物、重積)、横隔膜ヘルニア、会陰ヘルニア、尿路系疾患(膀胱結石摘出、腎結石摘出、尿管結石摘出)、全耳道切除などが対応可能です。

整形外科

視診、触診を行い必要に応じX線検査、CT、MRI、エコー検査、関節液検査を実施させて頂きます。各種骨折(中型犬まで)と膝蓋骨脱臼・前十字靭帯断裂(軽度から中程度)などにも対応致します。重度な場合は信頼のおける整形外科専門病院へと紹介させていただきます。

脳神経外科

頸部、胸腰部椎間板ヘルニア手術などを行っています。 脳外科に関しましては大学の脳神経外科の先生にお越しいただいて対応致します。

麻酔科

吸入麻酔や静脈麻酔、局所麻酔を併用して、高性能麻酔器、生体情報モニターを用いてECG、パルスオキシメーター、カプノメーター、非観血式血圧計、麻酔ガス濃計、換気量・気道内圧などの麻酔管理をします。大きな手術の際は動脈ラインも確保して観血的に血圧を測定します。
「当院での去勢・避妊手術について」参照

歯科

必ず麻酔医の管理下の全身麻酔で歯石除去(ルートプレーニングなども含む)を行います。歯科用X線やC Tを使用して抜歯などを行う事もあります。
「当院でのデンタルケア・歯科除去について」参照

画像診断科

当院かかりつけの患者様、または他院からご紹介の患者様に対してもCT、MRI、上部・下部消化管内視鏡、超音波検査などの画像診断検査を行っております。他院ご紹介の患者様におかれましては画像診断結果の報告をかかりつけの先生にさせて頂きます。

眼科

当院では様々な眼科疾患に対応するため、細隙灯顕微鏡(スリットランプ)、眼圧測定器、倒像鏡、超音波装置を用いて診療を行っています。

診療時間

診療時間
 
午前 9:00~12:00  午後 14:30~18:30
※受付時間は診療時間の15分前までです。
手術時間
午後 12:00~14:30 
休診日
毎週日曜日 午後

獣医師勤務表

  • 日曜日は午前のみ診療
  • ※診療は予約制となっております。詳しくは下記「診療予約」を
    ご覧ください。
  • ※わんちゃんやねこちゃんの状態により、診察順が前後する場合もございます。
    あらかじめご了承ください。
  • ※土日・祝日の診療は学会出席などにより休診させていただく場合がございます。
  • ※学会等で担当医がお休みの場合もございます。
    ご希望の獣医師ご希望の場合はあらかじめお電話でご確認ください。

時間外について

休診日や手術時間時の急患の場合はまずお電話をください。
18時30分以降の夜間は、留守番電話となっております。折り返し電話を致しますのでメッセージをお入れください。また、21時以降は夜間救急動物病院(092-504-8999)をご利用ください。

ペット保険について

当医院は、アニコム損保をご利用いただけるアニコム損保対応病院です。
※受付時に「どうぶつ健康保険証」を窓口で提示してください。
※条件により、直接アニコム損保へご請求いただく場合があります。